五十嵐 智一 展  〜 刻む : ガラスの感触
2009年9月22日(火・祝)〜10月4日(日)  

  
  『素材に向き合う』


  その黒いガラスは、それでもガラスであるから、光にかざすとうっすら向こう

  側が見える。黒いからこそ透明感が際立つ不思議。


  「刻」というシリーズは、ノミで木を彫るように表面を荒々しく削る。ガラスに

  特徴的なつるつるとした滑らかな輝きはないけれど、表面を乱反射した光が、

  やがてそっとそのガラスに内包されていくさまは、とても美しい。


  一見逆説的な手法を用いて、五十嵐さんはガラスという素材の新たな魅力を

  探っている。結果として、西洋的なイメージが強いガラスに、和のテイストが滲

  み出てきているのもおもしろい。


  よくガラスじゃないみたい、と言われるそうだ。でもそう決めつけてしまっている


のは私たちの方で、本当はあの生き物みたいな溶けたガラスのように、しなやかなたくさんの可能性がそこに潜んでいるのだ。



今回はその 「刻」 シリーズを中心に、食器や花器、そして人気のランプなど約70点が並ぶ予定です。

是非、ご高覧ください。


写真 : 「刻−球」 (花器)







いがらし ともかず igarashi tomokazui:1995 多摩美術大学卒 1998 東洋ガラス株式会社入社 1998 金沢卯辰山工芸工房 2002 多摩美術大学工芸学科助手
2006 iGLASS ATUDIO 設立   <千葉県成田市在住>




<展示風景>













exhibition
shop
about
contact
top




Copyright© ろば屋 *HP上の写真・文章等の無断引用、転載はお断りいたします。

inserted by FC2 system